ブログ

土佐の地酒をお楽しみください | 龍馬街道品川

2018.03.28
日本酒
こんにちは、龍馬街道品川PR担当です。

 

土佐の地酒は、当店自慢の絶品郷土料理と抜群の相性を見せます。四国ならではの醸造スタイルや原材料で、個性的な味わいに仕上がっている銘酒の数々。今回は、その中から日本酒と焼酎を数種ご紹介させていただきます。

 

土佐を感じる極上の日本酒


独特な名前の「純米吟醸原酒 CEL-24」は、高知で開発された酵母「CEL-24」を使っている日本酒です。熟したパイナップルやリンゴのようなフルーティーな香りが特徴。酸味が強くスッキリとした後味は、白ワインに近い飲み口となっています。

「四万十川 純米吟醸」は、日本最後の清流とも言われている四万十川を連想するような、口当たりのさらりとした飲みやすさが人気です。



辛口の日本酒がお好みでしたら「土佐鶴 本醸造 辛口」などはいかがでしようか。さわやかな香りの辛口と本醸造の切れ味が調和した、土佐ならではの辛口本醸造酒です。

 

個性的な土佐のお酒もございます


「ダバダ火振り」は、質の良い生栗を50%も原材料に使っている、四万十特産の栗焼酎です。栗だからこそ感じられる香りとまろやかな甘みが特徴となっています。



「山柚子絞り ゆずのお酒」は、土佐れいほくの香り豊かな山柚子果汁をたっぷりと使った果実酒です。低アルコールでサッパリとした飲みやすさが人気ですよ。

 

品川駅徒歩1分! 店内は四国各県をそれぞれテーマにしていて、エントランスを入ると現れるカウンターメインの席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。その他に高知を舞台にした映画「陽暉楼」テーマにした堀座敷席や、日本最古の芝居小屋・金丸座をイメージした香川県がテーマのテーブル席、映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている愛媛の道後温泉をモチーフにした空間が広がります。
個室は10名様席~70名様席まで。堀座敷席 最大70名様、半貸切 最大100名様対応可ご予約はお早めに。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-2147

以上、龍馬街道品川店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

龍馬街道 品川のご案内 | 品川 居酒屋

店名
龍馬街道 品川
住所
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1
電話番号
050-7300-2147
営業時間
ランチ 月~金   11:30 ~ 14:00
ディナー 月~金   17:00 ~ 23:30
ディナー 土      17:00 ~ 23:00
休日:日・祝

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩1分

【公式】龍馬街道 品川|品川の居酒屋 > ブログ > 土佐の地酒をお楽しみください | 龍馬街道品川