ブログ

豪華!【鰻の炭火焼】を食す | 龍馬街道品川

2017.09.27
うなぎ
こんにちは、龍馬街道品川PR担当です。

涼しい日が多くなってきて過ごしやすくなってきましたね!皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?夏の疲れがそろそろ出る頃かもしれませんね。そんな時には、スタミナ食の鰻の蒲焼を食べてみてはいかがでしょうか?

今日は、当店の人気メニュー「鰻の炭火焼」についてご紹介させていただきます。

ぜひ、当店の名物「鰻の炭火焼」をご賞味ください。

 


鰻はいつ頃からよく食べられているの?


鰻の蒲焼は、江戸時代のお料理だとされています。大昔には、夏痩せ対策に鰻を食べていたと言われています。江戸時代には庶民の食事としてよく食べられていました。

蒲焼は、鰻を開いて中骨を取り除いて、串を打ったり、素焼きにして濃い口の醤油やみりん、砂糖、酒を混ぜたものをたれとして塗って焼き上げます。

蒲焼の作り方には2種類あり、関西風は腹開きのあと、タレをつけて焼いて食べるのに対して、関東風は背開きで白焼きにして、蒸してからタレを付けて本焼きにする。福岡などでは、焼いてから蒸して柔らかくする、せいろ蒸しが一般的です。

蒲焼にした鰻は、ご飯の上に乗せて食べる鰻丼、鰻重やおひつのご飯に細く切った蒲焼を混ぜて食べるひつまぶしがあります。

 

絶品!【鰻の炭火焼き】


当店の「鰻の炭火焼」は、重箱に入れてご提供しています。スタミナ抜群の美味しい蒲焼をご賞味ください!

☆鰻の炭火焼(2800円)

厳選した鰻を炭火でじっくりと美味しく焼き上げてご提供いたします。当店特製のタレをつけて焼き上げていますので、香ばしい鰻の旨味を存分にご堪能くださいませ。



当店では皆様のお越しをスタッフ一同、お待ち申し上げております。当店のご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

品川駅徒歩1分! 店内は四国各県をそれぞれテーマにしていて、エントランスを入ると現れるカウンターメインの席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。その他に高知を舞台にした映画「陽暉楼」テーマにした堀座敷席や、日本最古の芝居小屋・金丸座をイメージした香川県がテーマのテーブル席、映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている愛媛の道後温泉をモチーフにした空間が広がります。
個室は10名様席~70名様席まで。堀座敷席 最大70名様、半貸切 最大100名様対応可ご予約はお早めに。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-2147

以上、龍馬街道品川店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

龍馬街道 品川のご案内 | 品川 居酒屋

店名
龍馬街道 品川
住所
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1
電話番号
050-7300-2147
営業時間
ランチ 月~金   11:30 ~ 14:00
ディナー 月~金   17:00 ~ 23:30
ディナー 土      17:00 ~ 23:00
休日:日・祝

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩1分

【公式】龍馬街道 品川|品川の居酒屋 > ブログ > 豪華!【鰻の炭火焼】を食す | 龍馬街道品川