ブログ

高知県名物のどろめはいかがですか? | 龍馬街道品川

2017.09.6
料理写真
こんにちは、龍馬街道品川PR担当です。

今日も一日、お疲れ様でした。今日も多くの出張帰りの方々が、東海道新幹線品川駅の改札から出ていらっしゃいました。皆様、日帰り出張の方も多いのか、お荷物は大きくない方も大勢いらっしゃいましたが、新幹線ができ、のぞみ号が出来てからは、より一層大阪などへの出張は日帰りも主流となってきました。現在、品川駅には東海道新幹線の全てが止まりますが、実は開業当時(2003年)は今のように全ての新幹線が品川駅には停車しませんでした。開業当時、のぞみ号、ひかり号は通過をしていました。東京にある駅は、その土地の地名を取っているものが多いですが、JR山手線では、品川駅は東京都港区高輪、JR目黒駅は、東京都目黒区に位置しています。面白いですね。


どろめってご存知ですか?


高知県名産のどろめってご存知ですか?どろめは、いわしの稚魚のことを指します。どろめの旬は毎年九月から六月頃です。釜揚げちりめんの生のことを高知の方言でどろめと言います。どろめは、鮮度が命!鮮度がとても落ちやすいため、元々は地元でしか味わうことができなかったとっても貴重な珍味でしたが、近年、浜揚げ後、瞬時に洗浄し、真空凍結することにより、遠方への出荷も可能になりました。高知、土佐では、どろめを肴として「どろめ祭り」が毎年開催されています。

 


自慢の土佐料理メニュー


当店では、土佐料理メニューを豊富にご用意しております。多くのお客様から大変ご好評いただいております、お酒の肴「どろめ」もございます。

・どろめ 490円

・かつをの焼切り塩たたき  1390円

・かつをのたたき皿鉢盛り  2750円

皿鉢料理とは、土佐料理の代表と言われる、昔から伝わる土佐郷土料理です。大きなお皿にたくさんのお料理、場合によってはデザートまでも盛り付ける大皿料理のことを言います。



当店では、豊富な個室をご用意し、皆様のご来店をお待ちしております。お席の数には限りがございます。ご来店日時がお決まりになりましたら、お早めのご予約をお勧めしております。ご予約状況により、ご希望のお席をお取りできない場合もございます。あらかじめご了承ください。

本日も、龍馬街道品川店では、スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

品川駅徒歩1分! 店内は四国各県をそれぞれテーマにしていて、エントランスを入ると現れるカウンターメインの席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。その他に高知を舞台にした映画「陽暉楼」テーマにした堀座敷席や、日本最古の芝居小屋・金丸座をイメージした香川県がテーマのテーブル席、映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている愛媛の道後温泉をモチーフにした空間が広がります。
個室は10名様席~70名様席まで。堀座敷席 最大70名様、半貸切 最大100名様対応可ご予約はお早めに。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-2147

以上、龍馬街道品川店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

龍馬街道 品川のご案内 | 品川 居酒屋

店名
龍馬街道 品川
住所
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1
電話番号
050-7300-2147
営業時間
ランチ 月~金   11:30 ~ 14:00
ディナー 月~金   17:00 ~ 23:30
ディナー 土      17:00 ~ 23:00
休日:日・祝

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩1分

【公式】龍馬街道 品川|品川の居酒屋 > ブログ > 高知県名物のどろめはいかがですか? | 龍馬街道品川