ブログ

土佐の「どろめ」とお酒でサッパリと | 龍馬街道品川

2019.06.28
どろめ
こんにちは、龍馬街道品川PR担当です。

皆さんは「どろめ」というものをご存じでしょうか?釣りをする方であれば、どろめと言えば、ハゼ科の平べったい魚をイメージするかもしれません。土佐の「どろめ」とは、ハゼではなく「イワシの稚魚」を意味します。土佐を代表する海の珍味、どろめをぜひご賞味ください。

 

土佐のどろめ=生しらす


どろめ

土佐弁で「どろめ」と言えば、イワシの稚魚つまり生のしらすのことを意味します。釜あげにした「しらす」は多くの方がご存じではないでしょうか。しらすは、ごはんにピッタリ合う、優しい甘みがおいしいですよね。

「どろめ」の味わいは、しらすとは少し違って大人の味わい。しらすと同じように優しい甘みがありますが、その奥にほのかに苦みがあるのが特徴です。しらすがごはんのおともだとすれば、どろめはお酒のおともといったところでしょうか。さっぱりとした風味がおいしく、お酒がするする進みます。

 

土佐の名酒とご一緒に


日本酒

土佐の海鮮珍味を代表する「どろめ」には、土佐のお酒がよく合います。土佐のお酒は、新鮮な海の幸に合うような、キレのある淡麗辛口が基本です。

当店では、「四万十川」や「土佐鶴」といった、土佐を代表する名酒をたくさんご用意しております。珍しい高知県独自の酵母を使った「CEL24」もございます。土佐の味を存分に楽しんでいただくために、土佐名物にはぜひ土佐のお酒を合わせてみてください。お料理とお酒、お互いの良いところを引き立てあって、口いっぱいのおいしい幸せが広がること間違いなしです。

 

品川駅より徒歩1分。
店内は四国各県をそれぞれテーマにしていて、エントランスを入ると現れるカウンターメインの席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。

その他に高知を舞台にした映画「陽暉楼」テーマにした堀座敷席や、日本最古の芝居小屋・金丸座をイメージした香川県がテーマのテーブル席、映画「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」のモデルになったといわれている愛媛の道後温泉をモチーフにした空間が広がります。

個室は10名様席~70名様席まで。
堀座敷席は最大70名様、半貸切は最大100名様に対応しています。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

電話番号:050-7300-2147
ネット予約はこちら

以上、龍馬街道品川店PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

龍馬街道 品川のご案内 | 品川 居酒屋

店名
龍馬街道 品川
住所
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1
電話番号
050-7300-2147
営業時間
【ランチ】
月~金 11:30 ~ 14:00
【ディナー】
月~金 17:00 ~ 23:30
土 17:00 ~ 22:00

【定休日】日・祝

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩1分

【公式】龍馬街道 品川|品川の居酒屋 > ブログ > 土佐の「どろめ」とお酒でサッパリと | 龍馬街道品川