ブログ

品川で四国の空間と味わいが楽しめる | 龍馬街道品川

2018.11.28
店内風景
こんにちは、龍馬街道品川PR担当です。

品川駅近くで四国の空間と高知県にある土佐の郷土料理を味わうことができる居酒屋、龍馬街道品川店のご案内をいたします。

 

少人数から宴会まで対応できます


店内風景

当店は、品川駅から徒歩1分とすごく便利な場所にあり、エントランスやお部屋も四国各県をモチーフにしたこだわりの空間になっています。お席はカウンター席から、10名様席~70名様席まで。堀座敷席は最大70名様、半貸切 最大100名様まで対応していますので、お1人様から大人数の宴会まで幅広く対応させていただけます。

目の前で調理が見えるカウンター席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。そのほか香川県の映画(陽暉楼)をテーマにしたお部屋、夏目漱石(坊ちゃん)の間、愛媛の道後温泉をモチーフにしたお部屋などあります。お一人でカウンター席、時にはお友達、ご家族、宴会と使い分けていただいて、それぞれのお部屋をお楽しみいただいてはいかがでしょうか。

 

高知県を代表する県魚「かつを」


料理写真

そんな四国の空間でのお食事に、是非おすすめしたいのが高知県を代表する「かつおの塩たたき」1449円(税抜)です。土佐ならではの焼き方「わら焼き」で作られており、豪快な炎で表面を瞬時にムラなく焼き上げています。また、わらの煙や香りが素材の旨みを一層引き立てます。新鮮なかつおの為、シンプルに高知の「山塩」でお召し上がり下さい。日本酒との相性も抜群です!是非、高知の郷土料理を味わいにお越し下さい!

 

品川駅徒歩1分! 店内は四国各県をそれぞれテーマにしていて、エントランスを入ると現れるカウンターメインの席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。その他に高知を舞台にした映画「陽暉楼」テーマにした堀座敷席や、日本最古の芝居小屋・金丸座をイメージした香川県がテーマのテーブル席、映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている愛媛の道後温泉をモチーフにした空間が広がります。
個室は10名様席~70名様席まで。堀座敷席 最大70名様、半貸切 最大100名様対応可ご予約はお早めに。

 

電話番号:050-7300-2147
ネット予約はこちら

以上、龍馬街道品川店PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※コースに関しましては、内容、構成が一部異なる場合がございます。詳細は、予約時にご確認ください。

龍馬街道 品川のご案内 | 品川 居酒屋

店名
龍馬街道 品川
住所
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1
電話番号
050-7300-2147
営業時間
ランチ 月~金   11:30 ~ 14:00
ディナー 月~金   17:00 ~ 23:30
ディナー 土      17:00 ~ 23:00
休日:日・祝

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩1分

【公式】龍馬街道 品川|品川の居酒屋 > ブログ > 品川で四国の空間と味わいが楽しめる | 龍馬街道品川