ブログ

四国郷土料理にベストマッチ!高知県のお酒をご紹介 | 龍馬街道品川

2018.06.20
果実酒
こんにちは、龍馬街道品川PR担当です。

 

四国の郷土料理には、やはり同じ四国で造られたお酒がよく合います。当店は四国のお酒も取り揃えており、四国郷土料理との相性はもちろん最高です。本日は高知県で造られたお酒を紹介させていただきます。当店の四国郷土料理と一緒にこだわりの高知のお酒をお楽しみください!

 

栗の香りを堪能できる「ダバダ火振」




明治26年創業「無手無冠」を代表する焼酎「ダバダ火振」。焼酎というと米や麦、芋が定番ですが、ダバダ火振は“栗焼酎”です。北幡地域は高知県の栗の産地として知られ、昭和60年に造られたのがダバダ火振です。大正・十和・西土佐の栗を手作業で選別し、栗を50%も使用しているのが特徴です。低温で蒸留させることで、栗の香りを堪能できる焼酎に仕上がっており、栗の甘さと香りを感じられるので、とっても飲みやすい焼酎です。焼酎が苦手という人でも「ダバダ火振は好き!」という方が多いのも納得の贅沢な味わい。お湯や炭酸割りも美味しいですが、栗の風味を味わっていただくため、まずはロックorストレートがおすすめです!

 

すっきりとした味わいが魅力「酔鯨 とさ」




1972年創業の「酔鯨酒造」は、米と水にこだわりを持った酒造りを行っています。特上の米粉を発酵させ、モロミを絞った後に減圧蒸留させることで、豊かな香りと味わいがより一層際立っています。蒸留後にじっくりと熟成させているため、まろやかな口当たりとすっきりとした喉越しに仕上がっています。当店で四国の果実酒をお試しください!皆様のご来店をお待ちしております。

 

品川駅徒歩1分! 店内は四国各県をそれぞれテーマにしていて、エントランスを入ると現れるカウンターメインの席は、徳島をテーマに阿波踊りの躍動感や渦潮の豪快さが溢れる空間です。その他に高知を舞台にした映画「陽暉楼」テーマにした堀座敷席や、日本最古の芝居小屋・金丸座をイメージした香川県がテーマのテーブル席、映画『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったといわれている愛媛の道後温泉をモチーフにした空間が広がります。
個室は10名様席~70名様席まで。堀座敷席 最大70名様、半貸切 最大100名様対応可ご予約はお早めに。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-2147

以上、龍馬街道品川店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

龍馬街道 品川のご案内 | 品川 居酒屋

店名
龍馬街道 品川
住所
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワーB1
電話番号
050-7300-2147
営業時間
ランチ 月~金   11:30 ~ 14:00
ディナー 月~金   17:00 ~ 23:30
ディナー 土      17:00 ~ 23:00
休日:日・祝

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
アクセス
JR 品川駅 港南口 徒歩1分

【公式】龍馬街道 品川|品川の居酒屋 > ブログ > 四国郷土料理にベストマッチ!高知県のお酒をご紹介 | 龍馬街道品川